キャットフードの測り方

猫の月齢や体重によって与えるべきキャットフードの量は細かく分かれています。
もし規定よりも多いキャットフードを与えてしまったら太ってしまったり、健康に支障をきたす可能性がありますし、逆に少なすぎるキャットフードの量は、猫が満足できない場合があります。
こちらではキャットフードの上手な測り方を紹介していきます。

 

基本的にキャットフードは計量カップを使って測るのが良いとされていますが、その理由はお米などと同じで、計量カップを使うと間違いがないからです。

 

たまに目分量で測っている方も見かけますが、やはり計量カップの方が目盛りも付いているので確実で安心ですよね。
ちなみに計量カップにも様々な種類があるので、後ほど紹介していきます。
計量カップにはフードの目安が一目でわかることはもちろんですが、すくって量るという2つの役割を果たしてくれるのも魅力です。

 

キャットフードには月齢や体重に合わせた目安量が書かれていますが、全ての猫がそれに当てはまる訳ではありません。
いつも餌を与えていると猫が食べる目安量が分かって来ると思いますので、計量カップにマジックや付箋で印をつければ、それが1日の食事量の目安になりますよ。

 

キャットフードの計量カップの種類

キャットフードの量を測るには計量カップがおすすめだと紹介しましたが、計量カップには様々な種類があります。
ペットショップなどの売り場で一番よく見かけ、実際に使っている方も多いのが「ペットフードスコップ」です。
取っ手がついているスコップタイプなので、フードをすくってそのままお皿に入れることができるのが特徴です。
これなら楽に一回の餌の量を測る事ができるのが魅力ですね。
1杯で200ccとなっています。

 

ちなみに底にたまったドライフードもすくいやすいように、カップ部分と柄の部分に角度がついているのもポイントです。
「ドギーマンフード計量カップ」もおすすめのアイテムです。
目盛りが見やすいように透明になっているのが特徴で、ccやmlではなくgで測れるようになっているので、餌の量に迷う事がありません。
どうしても測るのが面倒で目分量になりがちですが、これならある程度正確に測る事が可能です。
毎回測るのが面倒という方におすすめなのが、「デジタル計量カップ」です。
これなら毎回正確な量を測る事ができますし、ペットフード用だけではなく料理などにも使う事ができるので、1つ持っておくとおすすめです。
1g単位で表示が出るので、間違いなく正確に測る事ができるでしょう。

 

猫の餌を簡単に測れる計量カップのおすすめ

キャットフードを毎回計量カップで測るのは面倒なので、目分量になってまっている方も実は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、毎日食卓に大活躍する「米計量カップ」です。

 

お米を炊く際に必ずこの計量カップが使われますが、これをキャットフードにも応用する事ができます。
お米も少しの量によって硬さが変わってしまうので、正確さが大切ですよね。
ちなみにお米1カップは160gとなっているので1杯にすると160g分のキャットフードを与える事が可能です。
実は測るものによってもカップによってもg数は違ってくるので、猫ちゃんがどの計量カップで測った物が一番ちょうど良いのか見極める必要があります。

 

もし猫ちゃんが1回に50g食べるのであれば、計量器でしっかりと測った後に計量カップに入れ50gのところに黒い線を入れておくと間違いがない上に、楽チンです。
もっと楽をしたいという方には、料理にも使えるデジタル計量カップもおすすめです。
デジタル表示なので何も考えなくても計量する事ができますし、「しっかりと量を決めて与えたい」という方には特におすすめですね。
猫用と決めなくても、他のペットや料理にも使えるので、1つ持っておくと便利ですよ。