モグニャンキャットフードは子猫に与えても大丈夫か?

モグニャンキャットフードは子猫に与える餌として最適です。

 

子猫の期間というのは、健康な成猫になるための体を作る重要な時期。この時期に栄養が不足したり偏ったりすると、成猫になっても体が弱かったり丈夫な体に育ちませんからね。

 

 

健康な成猫に育つためには、十分な動物性タンパク質をたっぷり摂取する必要があります。肉や魚などいろいろな種類のタンパク質を摂ることで、体内組織や器官をしっかり発達させられるのです。

 

子猫の消化器官

ただ子猫の時期は消化器官が未発達。一度にたくさんの餌を食べられません。そのため子猫用のキャットフードが発売されています。ただこういったキャットフードは、量だけ子猫に合わせていることが多いのです。飼い主さんも、とりあえず食べてくれることを中心に考えるので、栄養バランスは二の次になってしまいます。

 

モグニャンは栄養管理士が監修しているキャットフードです。栄養バランスはきちんと計算されています。あげる量も、子猫の食欲に合わせて調節でき、栄養不足になることも餌不足になることもありません。

 

モグニャンの原材料はどうか?

子猫にキャットフードを与える上で重要となるのが、原材料です。動物の餌の場合、原価を下げるために原材料には質の悪いものが使われていることがありますが、モグニャンは人間が食べられるぐらい安全性の高い原材料が使われています。

 

 

メインとなるのは白身魚。他にはサーモンオイルやひよこ豆、アルファルファ、バナナなど健康に良いものばかりです。ミネラルやビタミン、ビール酵母まで入っていますから、人間の食事よりも栄養価が高いかもしれません。
何が原料に使われているかよく分からないキャットフードではないので、子猫にも安心してあたえられます。

 

もちろん猫の成長に不要な香料や着色料など、人工添加物は入っていませんし、キャットフードのカサ増しに使われることが多い穀物も使われていません。

 

一見穀物が入っているのは、体に良さそうなイメージがありますが、猫はもともと肉食です。穀物を消化するのは時間がかかり、子猫にとっては大きな負担になります。そのため穀物入りのキャットフードだと、下痢をしたり便秘になるなど体調不良を起こすことがあるのです。猫によっては穀物アレルギーを発症するかもしれません。十分注意しましょう。

 

子猫の時期は栄養管理が難しいので、キャットフードの選び方がとても肝心。モグニャンキャットフードなら、栄養面でも安全面でもきちんと管理されているので、元気に成長してもらうにはおすすめのキャットフードです。

 

 

意外にもモグニャンキャットフードを一番安く買えるお店はここでした。
モグニャンを安く買うならこちら

子猫にはこれくらいのモグニャンの量

子猫の場合のモグニャンの量のついて。
子猫はまだ体が成長しきっていません。発育途上の段階です。なので餌の量には十分注意してください。

 

 

モグニャンキャットフードを子猫に与える場合の量

子猫の場合は年齢によって与える量が決められています。生後0〜2ヶ月の場合は、1日の給与量が35〜50g。2〜3ヶ月は50〜60g、3〜4ヶ月は60〜70g、4〜6ヶ月は70〜80g、6〜10ヶ月は80〜90g、10〜12ヶ月は90〜100gが給与目安量です。

 

子猫によって発育具合が違うので、よく食べる子猫もいれば、あまり食べない子猫もいます。猫の種類によって違いがある場合もありますし、日々子猫の食べ方や食欲を観察しておきましょう。

 

モグニャンは子猫でも大丈夫な栄養バランスと、食べやすい味・大きさになっている考えられているキャットフードです。その点では安心して与えられます。

 

あと、ドライフードなので子猫によっては食べずらいことも考えられます。食べにくそうだったら、お湯やお水で柔らかくふやかしたうえで、あげて様子をみてください。

モグニャンキャットフードが人気の理由

モグニャンキャットフードが人気の理由は3つ挙げられます。

 

 

猫の体内機能を栄養によって整えられるように開発をしたところ

まずは健康を第一に考えて、猫の体内機能を栄養によって整えられるように開発をしたというところです。健康で長生きするためには食事が一番大事ですが、猫でも変わりません。

 

栄養バランスが偏ったり、添加物などの不要物が多い食事では、体内機能が正常に働かなくなるのはもちろん、内臓器官に大きな負担をかけます。ですのでキャットフードの品質はとても重要です。

 

イギリスで作られていること

一般的には「国産なら安心」というイメージがありますが、ペットフードに関しては日本よりもペット文化が長い海外の方が品質も高いのです。中でもイギリスは猫をこよなく愛し、ペットとしてではなく家族同様の扱いをしている歴史が長いことで知られています。

 

モグニャンはイギリスで開発されたキャットフードで、日本よりも厳しい安全基準をクリアした工場で製造されています。お値段だけ見ると、日本で低価格で売られている国内メーカーのキャットフードの方がコスパは良いでしょう。でも品質という点で言えばモグニャンの方が上。なので大事な家族の一員である猫の食事に、モグニャンを愛用している人が多いのです。

 

原料が猫にいい

もう一つの人気の理由は原料です。原材料は、人間が普段食べているものと同じものがほとんど。もちろん無添加、穀物不使用です。

 

原料のメインとなるのは、白身魚と芋、そして豆。白身魚は体を形成するタンパク質を豊富に含んでいるので、健康な体の土台作りには欠かせません。モグニャンには63%もの白身魚が入っていますから、細胞の原料となるタンパク質をきちんと補給できます。

 

猫には不要に思える芋ですが、芋の成分の大きな割合を占めるのは食物繊維です。猫は加齢とともに腸の働きが衰えやすいため、便秘などの消化器官の不調な症状が増えてきます。そのため消化系疾患を起こしたり、食欲不振になってしまい栄養不足による疾患が引き起こされやすいのです。

 

モグニャンに入っている芋は、食物繊維の働きで便通をスムーズにすることで消化機能をサポートします。また食物繊維は血糖値を下げる働きもあると言われている成分。猫に多い糖尿病の予防にも役立つのです。

 

豆には良質な炭水化物が含まれていますから、グレインフリーのモグニャンのカロリー不足を補う役割を持っています。

 

このように徹底的にこだわった安全性と栄養バランスは、猫の健康のために必要不可欠なものばかり。それをすべてクリアしているので、モグニャンキャットフードは人気が高いのです。

 

モグニャンキャットフードの口コミと評判

 

獣医さんから、「栄養管理をしっかりしないと長生きしないよ」と言われ、キャットフードは慎重に選ぶようになりました。
ちょっとお値段は張りますが、モグニャンは評判が良かったので健康のために選びました。

 

開けた瞬間からお魚の香ばしい匂いがして、我が家の猫も興味津々。
キャットフードを変えると、しばらくは様子見で飛びつかないのに、モグニャンはすぐ食べ始める食いつきのよさ。
味がいいのか、とにかくよく食べます。

 

今まで好き嫌いがあったので栄養面が心配でしたが、モグニャンは食べてくれるので、食事の栄養バランスが手軽に整えられます。(30代・女性)


 

 

3歳と6歳と13歳の猫がいるのですが、それぞれの年齢に合わせたキャットフードを与えるのが大変でした。
またいくら年齢に合った餌をあげたくても、13歳の猫が3歳の猫のものを食べてしまったりするので、餌分けが面倒になることもあったのです。
そんな時に見つけたのがモグニャンです。

 

モグニャンはオールステージ対応なので、どの年齢の子にも安心して食べさせられます。
特に13歳の子の健康管理が心配でしたが、モグニャンに変えてからは心なしか若返ったように感じます。
猫も人間と同じで栄養が大事。
いつまでも元気でいてもらうためにもモグニャンに頼っていくつもりです。(50代・女性)


 

 

食が細いせいかとても痩せているので、きちんと餌をあげていても健康への不安がありました。
少ししか食べないのに、市販のキャットフードは添加物が多くて栄養が少ないというのも不安要素でした。

 

モグニャンは少しの量でもしっかり栄養が摂れるので、体型に変化はないものの今までよりも安心感があります。
賞味期限は固形のキャットフードより短いため、あげる量は調節が必要ですが、人工的な保存料が使われていないというのは、飼い主からすると嬉しい配慮ですね。(20代・女性)


 

 

小さいころからチキン味のフードをあげていたので、魚の風味が強いモグニャンは抵抗があったようです。
半分ずつあげると、モグニャンだけ残してしまうため、固形フードにモグニャンを細かくして振りかけて与えるようにしました。
徐々に慣らしていって、今では完全にモグニャンに切り替えられています。
目やにも少なくなったし、毛並みもツヤツヤになったので、モグニャンにして正解でした。(30代・女性)


 

猫によって好みは分かれますが、健康管理のために続ける飼い主さんが多いです。また、続けることで毛並みや体調にも変化が出るという口コミもまります。一度は試してみても良さそうですね。

 

 

成猫のモグニャンキャットフードの給餌量

猫に餌を与える場合、どのくらいの量が適量なのかよいのかわからない場合もあると思います。とくに成猫の場合は与えすぎると、肥満を引き起こしてしまう可能性もあるので、注意しなくてはいけません。ということで餌の量に悩まれている方へ、モグニャンキャットフードを成猫に与える際に、どのくらいの量を与えるといいのかご紹介します。

 

 

成猫にモグニャンを与える場合の量

体重で給餌量が変わってきます。2.5kgまでなら35〜45g、2.5kg〜3.5kgまでなら45g〜55g、3.5kg〜5kgなら55〜70g、5〜6.5kgなら70〜85g、6.5kg〜8kgなら85g〜110g、8〜10kgなら110〜130gと、細かく推奨給餌量が分かれています。表にするとこうです。

 

モグニャンキャットフードの体重別餌の量
猫の体重 1日分の餌の量
2.5kgまで 35〜45g
2.5〜3.5kg 45〜55g
3.5〜5kg 55〜70g
5〜6.5kg 70〜85g
6.5〜8kg 85〜110g
8〜10kg 110〜130g

 

上記の量はモグニャンキャットフードの1日の給餌量です。この量を2〜3回に分けて与えてください。

 

かなり食いつきがよいモグニャンキャットフードなので、推奨量以上を食べてしまったり、おかわりを欲しがる猫ちゃんもいるかもしれません。でもいくら栄養バランスに優れているキャットフードからといって、必要以上を食べさせすぎるのはやっぱり心配。これは人間と同じです。食べ過ぎは体によくないし、少し足りないくらいがまた次の食事が楽しみになり、より食いつきが良くなります。

 

成猫は体重で推奨給餌量が決められているのに対して、子猫の場合は月齢数で1日の推奨給餌量が決められています。愛猫の成長度合いによって、1日の給餌量を決めるようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

モグニャンキャットフードのカロリー

キャットフードの中にはカロリーがとても高いものや、逆にダイエットを目的とした低カロリーのものがあります。猫の健康を考えたうえで、今の現状にそったキャットフードを選びたいですね。

 

 

モグニャンキャットフードのカロリーは、100gあたり約374kcalです。一般的なキャットフードは100gあたりだいたい390kcal前後のものが多いなか、少しカロリーは低めに設定されています。
ちょっとした豆知識ですが、ドライキャットフードを与える際のカロリー計算式の目安をご紹介します。

 

猫の体重×70〜80kcal=キャットフードのカロリーの目安

 

迷ったときはこの公式に当てはめて考えてみるといいですね。例えば5kgの猫で計算してみると、5×7.5=375kcalとなり、餌の量は約100gが適当。モグニャンの場合はカロリーが低めなので、もう少し多めに与えてもいいかも。

 

モグニャンが低カロリーな理由は、メインの原材料が白身魚を使っているからです。最近はお肉メインのキャットフードも多いのですが、肉は魚よりもカロリーが高いため、必然的にカロリー量が上がります。モグニャンは白身魚が63%も配合され、ビタミンやミネラル、サツマイモなど栄養バランスがとれたキャットフードです。

 

 

抜群の香りと味わいを追求したプレミアムキャットフード『モグニャン』

 

モグニャンキャットフードの食いつきはどう?

せっかく一生懸命飼い主が選んだキャットフードを、なかなか愛猫が食べてくれないと悲しいですよね。モグニャンキャットフードは、キャットフードの中でも特に食いつきが良いとされていますが、本当に猫にとっておいしいのでしょうか?

 

モグニャンキャットフードの原材料は主に白身魚です。猫はやはり肉よりも魚を好む傾向があります。もちろん、香料や着色料は不使用。魚本来の味を楽しむことができる点が、モグニャンキャットフードの食いつきが良い理由でしょう。

 

小麦やとうもろこしなどの穀物類も含まれていませんので、消化吸収が良く、猫の体に負担がかかりません。それに使われている原材料が少ないため、アレルギー体質の猫や持病を持った猫でも安心して食べられる点もモグニャンキャットフードの特徴ですね。

 

猫は他のペットよりもこだわりが強く、キャットフードを変えると食べてくれないことはよくありますが、モグニャンはどんな年齢、性別、種類の猫でも比較的食いつきが良く、推定給餌量を与えるとパクパク食べて完食してくれることが多いです。

 

普通のキャットフードよりお値段がちょっと高めですが、健康に良く食いつきも良いとなったら与える意味がありそうですね。

 

モグニャンはドライフードなのに、食いつきのいい理由

キャットフードにはドライフードとウェットフードがあります。ドライフードは乾燥したもの、ウェットフードは水分含有量75%以上のものを指します。どちらが良いのかというと猫の好みではありますが、水分と食事の両方を一緒に摂らせる事ができるウェットフードを与えている飼い主が多いようです。モグニャンキャットフードはドライタイプのキャットフードになりますが、なぜ猫の食いつきが良いのでしょう?

 

固形で乾燥しているドライフードを嫌う猫も多く、「用意してもあまり食べてくれない」という声もよく見られますが、モグニャンはかなり厳選した原材料を使用しているため、ドライフードにも関わらず食いつきが良いとされています。メイン原材料である白身魚をなんと63%も配合しているため、魚好きな猫にとっては特におすすめできます。ドライフードは安価で購入できる割に内容量も多いのが特徴ですが、モグニャンは一般的なキャットフードに比べて少し高価なものとなっています。

 

その理由は、徹底した品質管理で製造されているという点や、原材料を厳選している点などが挙げられるでしょう。1袋1.5kg入りなので、1日に100g食べる猫でも2週間はもつ事になりますし、愛猫がパクパクおいしそうに餌を食べてくれるのを見るとなんだか嬉しくなりますよね。

 

モグニャンは食いつきいいだけではなく、着色料・香料など無添加

市場には様々なキャットフードが販売されていますが、特に気になるのが着色料や香料などではないでしょうか。人間も同じように、できるだけ無添加のものを食べたいと思うはずですが、猫にとってもそれは全く同じ事です。添加物が多く含まれていればいるほど、体にとってよくありませんし、今は良いかもしれませんが、年を取った時に体調を崩してしまったり、病気の原因となってしまう可能性があります。

 

モグニャンは食いつきが良いと定評がありますが、着色料や香料は一切使われておらず、素材の味や香りのみで猫の食欲をそそるのが魅力です。メインの原材料に白身魚が63%も配合されているため、魚好きな猫にとっては食事でこの上ない幸せを感じる事ができるでしょう。

 

着色料や香料などを使っているキャットフードは確かに見た目が良く、匂いから猫が「おいしそう」と感じますが、やはり体にとっては良くありません。

 

また、香料の他にも保存剤や酸化防止剤、家禽ミール・ミートミール、ビートパルプ、ダイジェストなどが豊富に含まれている事が多く、消化・吸収しにくかったり、便秘になってしまったりする事があります。モグニャンはこれらの添加物が含まれていないのはもちろん、消化器官やアレルギーへのリスクが高くなったり発がん性や遺伝性の病気の確立が高くなる成分は一切含まれていませんので、子猫からシニア猫まで安心して与えられますね。